星空の神殿

まっぷー 2011/09/02
冬の冷たい雨のもと 健気に咲く花のような
貴方を想って 密かに端座する

空には月と星々が 水面に映るその陰のように
どんなに離れても 貴方を見守って

ぼくのこころは貴方のもと こころは飛んで 離れてても
貴方の苦しみ悲しみを 包み込んで見守ろう

温かな眼差しの 神様の加護があるように
星空の神殿で 端座し ただ祈る

ぼくのこころは貴方のもと こころは飛んで 離れてても
貴方に幸と安らぎを どんな北風に吹かれても
貴方の苦しみ悲しみを 包み込んで見守ろう

星空の中で春を待つ・・・

作品紹介・説明

2009年の3月頃に作詞作曲した歌の歌詞です♪♪♪去年の終わり頃から伴奏をパソコンでボチボチ製作して足掛け2年半以上かかって完成しました

共有する

2件のコメントが寄せられています。

まっぷーさんの最近の投稿

まっぷーさんのタグ