桜ふるふる(附曲済)


桜ふるふる 街にふるふる 空を見上げた頬に降る
手をさしだせば ふわりふわりと 春色の温もり

「指きりをしたあの木の前で 待っています」と一行
はやる気持ちを秘めて送った 携帯メッセージ

メイプルカフェの デッキから見つめてる
旅立ちの日と同じ 満開の桜並木

舞う花びらも あなたの笑顔もずっと
まぶたの奥に心の中に あの日のまま



春がくるくる 街にくるくる 約束の日を連れて来る
今日という日を待っていました カレンダー数えて

そっけないほど短すぎるの あなたからの返信
いつもながらの素朴な画面 「OK」の二文字

サンタモニカの風と 青空も一緒に
絶え間なく届いた あなたからのメッセージ

舞う花びらも 私の想いもずっと
あなたの街に届いていたの あの日のまま



メイプルカフェの デッキから見えてくる
三年ぶりのあなたと 満開の桜並木

舞う花びらを両手で 受け止めたなら
まぶたの奥も心の中も 桜咲く

*桜ふるふる 街にふるふる・・・・・・・。
  春がくるくる 街にくるくる・・・・・・・。
      桜ふるふる 街にふるふる・・・・・・。*






作品紹介・説明

アメリカに転勤した彼が 約束どおり、この春帰国することになり、
送りだした桜の木の見えるカフェで再会する・・というような そんな歌詞です^^;

メイプルカフェというのは、私のお気に入りのカフェです^^;
残念ながら海沿いのカフェなので、付近に桜並木はありません。

終盤の*桜ふるふる 街にふるふる・・・~*のところは
曲が終わるまで リフレインしているという設定です^^;

♪桜ふるふる 空見子(クミコ), Godin(ゴダン)

共有する

4件のコメントが寄せられています。