ふれ愛

世時 2016/10/25
夕暮れ時は寂しくなって
あの頃笑いあったあの子に会いたくなって

太陽輝く金色の空
熱量に包まれながらあくびして
それでも未来なんて見えなかったさ

裏切り裏腹歩いてく
虹色七色
ほらもう忘れることもないはずさ

星降る夜は嬉しくなって
一人ぼっちも忘れて駆けだしてゆく

展望台に暗闇の空
退屈に身を任せて寝坊して
肝心の彗星なんてとっくに流れたさ

嘘にもいろいろあるように
人生十色
待てばいつかは思いも届く

ゆずれないものなんて いつかにあれば今はいらないのさ



作品紹介・説明

いまいち、に、さん。
僕は何を求めているのだろう。

共有する

世時さんの最近の投稿