これからのすべてを君に捧ぐ

世時 2017/07/30
小学生だった頃には確かに感じた
胸のドキドキも
年追うごとに薄れてく
そして手に入れた笑い声だってついにはあきたりなくなってさ
ああ自分は
なにがしたいんだろう、とか考えるととどこか空の片隅にでも
すいこまれてしまえばいいのにな、とか思ってしまうよ

世界は地面で繋がっているのに
どうして僕はあの子に会えないのだろう

そうさ 好きさ 今でもさ
次の恋なんていらない
いつでもどこでも

僕に次の恋なんていらない

作品紹介・説明

次の恋なんていらない

共有する