あなたしかいない~最後の恋~

まろん 2017/09/20
1番
A
秋が過ぎる程
あなたの想い出
心に濃くなる
紅葉(もみじ)深い紅(あか)
色づくように

A'
暗い山道を
固く手を繋ぎ
ライトを照らして
一緒に歩いた
導くその手

B
今は闇の中
あの時みたいに
共に進んでは
もうくれないの?
求めている彼(ひと)

サビ
二年前の事
まるで昨日よう
感じてる私
連絡あるはず
ないのに携帯
鳴ると もしかって

2番
A
現れるあなた
あり得ない話
言い聞かせている
私の気持ちが
壊れる希望

A'
実際起きたら
どんなになるかな
やっぱり後追う
私居るだろう
あなた信じて

B
今度出逢ったら
命尽きるまで
添い遂げる覚悟
強い想いが
この胸留まる(とどまる)

サビ
二年前の事
まるで昨日よう
止まってる時計
あなた以外には
動かせない針
前に進ませて

B
も1度逢いたい
消せない愛しさ
この恋だけだと
思ってしまう
誰も愛せない

サビ
二年前の事
まるで昨日よう
あなたが最後と
伝えた私を
抱きしめたあなた
うわずってた声

後にも先にも
あなたしかいない

作品紹介・説明

紅葉(もみじ)が 紅く 染まる様を 描きたくて、最初 1行 書いていたのですが 出て来るフレーズに 従い 書いていたら こんな詞に なりました(^o^;) 最後の恋って どんなだろうと 私なりの 最後の恋を 綴ってみました。アメーバ 全体アクセス数。「僕の仮面」の次の 2位ですが ページアクセス数が 1番多かったので、投稿させていただきましたm(__)m

共有する

7件のコメントが寄せられています。

まろんさんの最近の投稿