泣き声

A
伝えたい言葉を
空に投げた
逢いたい気持ちは
胸におさめた

B
雲行きはだんだん
暗く見えて
いつしか一人の
時になれてた


サビ
君の泣き声が聞こえた気がしたんだ
守りたいと思える存在だと感じたよ
この雨音が鳴り止まぬ空の下で
いつまでも絶え間なく降りそそぐ愛に・・・




A
願いの祈りは
空に続く
笑顔に隠れた
裏の裏側


B
焦がれた心も
時に流した
許した想いが
風に吹かれた


サビ
君の泣き声が呼んでる気がしたんだ
愛したいと思える運命だと感じたよ
この雨音が粉雪に変わる前に
いつの日か止んでいて泣き言の愛よ・・・



サビ
君の泣き声が聞こえた気がしたんだ
守りたいと思える存在だと感じたよ
この雨音が鳴り止まぬ空の下で
いつまでも絶え間なく降りそそぐ愛に・・・
いつの日か止んでいて泣き言の愛よ・・・

作品紹介・説明

いつまでも絶え間なく降りそそぐ愛に・・・
いつの日か止んでいて泣き言の愛よ・・・

共有する

七味(まったり活動中)さんの最近の投稿