やじろべえ

SS RUNNER 2017/12/04
やじろべえ  (自由詩)

右へ左へ ゆらゆらと
バランスをとって
立っている やじろべえ

風に吹かれ ふらりふらり
倒れそうでも
倒れない やじろべえ

バランスをとって 立っている
いつか 僕は やじろべえ
いつも 僕は やじろべえ


口に出る 言葉も
聴こえない言葉も
同じくらい 大切なのさ

動き回る ことなども
立ち止まる ことなども
同じくらい 大事なのさ

バランスをとって 立っている
いつか 僕は やじろべえ
いつも 僕は やじろべえ



作品紹介・説明

何となく思いついた、自由詩です。
世の中、陰陽、プラスマイナス、静動、天地、善悪などなど、相反する2極で成り立っている部分がありますが、
その両極のどちらも大切で、バランスを取っていくことが必要だな、
と思ったことを、書いています。
いや、悪(意)は大切ではないですが、その存在は否定できないところがあり、よく認識するという事が大切なのだと思います。

共有する