SHI・O・DO・KI

MIRY 2018/02/05
窓灯り 家族の声 こぼれる路地裏
彼の待つ 土曜の部屋 躊躇うヒール

たぶんもう 潮時かも 頭で呟く
奪うこと 出来ないなら さよなら決めるしかない

※ でも愛してる 心じゃまだ
焦がれるほど 愛してる ※
見つめてしまったら 触れてしまったら
きっと もっと ユメを手放せないよ 


ドアベルを 鳴らしかけて その手を降ろした
彼のいる 気配に目を 切なく伏せる

微笑みを 低い声を 留(とど)まる爪先
歩き出す 想い香る 巻き毛を振り切るように

☆ でも愛してる 落ちる涙
止めどもなく 愛してる
もう愛してない 返信不要
指で告げた 言葉ただ抱きしめる ☆

  凍える街に ひとり舞い戻って
  まだ揺れ迷う 痛みを拭ったけど

※~※ ☆~☆ repeat 

共有する

MIRYさんの最近の投稿