スピード狂の歌

A
エンジンふかした青空に
響き渡れと叫んでた
戸惑い壊した外壁は
心のままに砕かれた

B
意味を持たない痛みだけを
この流れだす赤い血に
誇りを抱いて生きることを
誓うだけ・・・


サビ
吹っ切る何かを手に入れたとき
愚かな気持ちは消し去れると信じてる
スピード狂の風で飛ばしていく
いつか分かり合える日々には許される

A
エンストしかけた曇天で
嘆き苦しむ人々よ
沈んだ気持ちを外面で
想いを隠し演じてた

B
過去のしがらみ離し切れず
この溢れだす熱い血を
鋼のように固くしては
愛してく・・・

サビ
突っ切る世界で羽ばたけるなら
迷いも弱さも捨てられると感じてる
スピード狂の音で奏でて行く
いつも巡り合える時まで駆け抜ける

サビ
吹っ切る何かを手に入れたとき
愚かな気持ちは消し去れると信じてる
スピード狂の風で飛ばしていく
いつか分かり合える日々には許される
いつも巡り合える時まで駆け抜ける

作品紹介・説明

スピード狂の歌

共有する

七味(まったり活動中)さんの最近の投稿