月と星と

優奈 2018/04/30
1)
戻れない愛ならば
もう 何も望まない
月と星のように
ただ 輝けば それでいい

心のまま生きて
貴方しか 見えずにいた日々

何を失くして何を得たのか
答えがでるのは 遥か先のこと
その時まで
涙は 心に とめたまま


2)
戻れないふたりならば
もう 明日(あす)を待(ま)たない
月と星のように
ただ 夜空に 瞬(またた)いて

ひたむきに 愛して
貴方を 追い続けた日々

何も言えずに何も話せず
言葉はいつでも 意味を持たない
胸の奥に
溢れる 想いは  置いたまま


描けない夢ならば
もう 明日はいらない
 
戻れない愛ならば
もう 何も望まない
月と星のように
ただ 輝けば それでいい

作品紹介・説明

ずっと作詞から遠ざかってましたが、最近素晴らしいドラマ、歌に出会い
もう一度作詞したくなりました。
今回は失恋の心情を描いてみました。
例え、離れ離れになっても 月と星のようにそれぞれが輝けばいい、そんな思いで書きました。

共有する

優奈さんの最近の投稿

優奈さんのタグ