パンドラの箱と言える記憶

A
切り取られた
この胸は
いくつもの
存在を抱えた

B
ぬぐいきれぬ
この傷は
彼方への
憧れを憶えた

サビ
誰かが消したと思えた
パンドラの箱と言える記憶は
僕自身が閉じ込めた
開けてはいけない心だった


A
履き潰した
この靴も
絶え間ない
永遠を灯した

B
めぐりめぐる
この時に
遥かなる
運命を感じた

サビ
自ら消したと思える
パンドラの箱と言える記憶は
黒歴史が描かれた
忘れて許した想いだった

C
輪廻の狭間の夢を見た
それぞれの生き方を記した
さまざまな在り方を残した
抱きしめていたい愛がある


サビ
誰かが消したと思えた
パンドラの箱と言える記憶は
僕自身が閉じ込めた
開けてはいけない心だった
忘れて許した想いだった

作品紹介・説明

パンドラの箱といえる記憶

共有する

七味(まったり活動中)さんの最近の投稿