きみ、絶望の天使

世時 2018/10/30
消えない後悔ばかりが降り積もる夜
生まれてきたことが間違いではないか
それとも傷つけるために
あるいは汚れてしまうために
この形をとったのだろうか

帰りの電車は人身事故とすれ違い
僕らを家に帰すため
何食わぬ顔で定時にいつものホームへ着く

知ってる、みんな疲れてる
わかってる、みんな頑張ってる

この人生は
誰かの為の ゆずり葉
僕でなくてもできるのに
どうして僕は
掴んだのだろう

時間は過ぎて いつか思い返すだろう
きっと指切りしたはずの
産声に込めた 喜びに生きるという意志を

作品紹介・説明

石ころころころ隣のあの子

共有する

世時さんの最近の投稿