愛という幻

七味 2018/12/21
A
数えきれないほどの
過ちを脱ぎ捨てられたなら
君にどれだけの安らぎを
与えることができるのだろうか?

B
支えあう喜びと
認め合う幸せに
気付けたときに
栄光をかみしめる


サビ
(かわ)
渇いた心を潤すことで見えるかな?
止まらない痛みと闘うけれど
いつの日か 傷も癒えて
愛という幻に誓えるといいな・・・


A
ぬぐいきれないほどの
裏切りを見極められたなら
僕はどれほどの真実を
伝えることが出来るのだろうか?


B
忘れ去る現実と
覚え行く口癖に
夢見た空は
永遠に憧れる

サビ
信じる心を手にすることで見えてくる
流される時間に戸惑うけれど
いつの日か 声も消えて
愛という幻に出会えるといいな・・・



サビ
(かわ)
渇いた心を潤すことで見えるかな?
止まらない痛みと闘うけれど
いつの日か 傷も癒えて
愛という幻に誓えるといいな・・・
愛という幻に出会えるといいな・・・

作品紹介・説明

愛という幻に出会えるといいな・・・(;'∀')

共有する

2件のコメントが寄せられています。

七味さんの最近の投稿