雨空

七味 2019/04/30
A
迷子のままの気持ちを抱いて
子供の頃の憧れまとい
泣き崩れていた瞳の先で
にじんだ夢を乗せていた

B
いつも いつでも
そばにいるから
いつも いつでも
ここにいるから

サビ
雨空 まるで君の心のようだね
雨空 まるで君の涙のようだね
晴れ渡る青空のような愛になれるように
僕が太陽の光になるよ


A
彷徨い歩く旅路を見つめ
大人の今の自分を憎み
立ち尽くしていた闇夜の道で
霞んだ虹が隠れてた

B
いつか いつかは
逢えるといいな
いつか いつかは
ここで待つから


サビ
雨空 まるで君の想いのようだね
雨空 まるで君の欠片のようだね
透き通る青空のような色になれるように
僕が優しさの光をあげる

サビ
雨空 まるで君の心のようだね
雨空 まるで君の涙のようだね
晴れ渡る青空のような愛になれるように
僕が太陽の光になるよ
僕が優しさの光をあげる

作品紹介・説明

雨空・・・(;'∀')
あまぞら

共有する

2件のコメントが寄せられています。

七味さんの最近の投稿