空の色~Rain~

七味 2019/05/06
A
雨が強く降りしきる夜に
とても怯えていた自分に気付く
もう逢えないんだと
もう感じていた


B
胸を締め付けた想いが
張り詰めた糸が切れたように
心をほどいて行く
意識が薄れていた


サビ
僕が思い出に変わる頃には
君の笑顔は優しい記憶になる
過去と今が途切れた世界で 
空の色が教えていたんだね






A
声も遠くかき消した音が
いつか鳴り止むこと信じて眠る
そう愛してないと
そう答えていた



B
耳に聞こえてたノイズが
透き通ることで分かるように
心に響いていた
言葉に助けられた


サビ
僕が思い出に変わる頃には
君のカタチが愛しい記憶になる
今と明日が叶わぬ願いを
空の色が伝えていたんだね


サビ
僕が思い出に変わる頃には
君の笑顔は優しい記憶になる
過去と今が途切れた世界で 
空の色が教えていたんだね
空の色が伝えていたんだね

作品紹介・説明

空の色~Rain~
(;'∀')

共有する

七味さんの最近の投稿