栄光の虹

七味 2019/07/10
A
煌びやかに映る街並みで
孤独を演じて歩いた
誰かに声をかけてほしいのに
僕は心を押し殺した


B
いつからか愛を求めて
いつからか愛に嘆いて
叫びたくなる鼓動を
もう抑えきれない


サビ
あなたに別れを告げ栄光の虹を歩いた
限られた時間の中で純情は壊されて行く
いつしか痛みは消え真実は描き出される
時代の変化にどうか気付いてほしい


A  (がい)
ネオン街で生きる人々よ
喜び悲しみ重ねた
誰もが夢を褒めてほしいのに
過去に心を置き忘れた


B
いつからか愛を憎んで
いつからか愛に彷徨う
信じあいたい気持ちは
そう助け出すんだ

サビ
あなたに泣かれるたび栄光の虹は輝く
涙さえ想いの糧に感情は駆け出して行く
いくつも自由を捨てしがらみに囚われていた
自分の変化にどうか気付いてほしい


サビ
あなたに別れを告げ栄光の虹を歩いた
限られた時間の中で純情は壊されて行く
いつしか痛みは消え真実は描き出される
時代の変化にどうか気付いてほしい
自分の変化にどうか気付いてほしい

作品紹介・説明

栄光の虹・・・(;'∀')

共有する

2件のコメントが寄せられています。

七味さんの最近の投稿