穢れなき瞳

七味 2019/07/27
A(けが)
穢れを知り大人になる
だけど あの子の瞳が曇らぬように
隠してやり過ごしたズルい僕は
どれだけ心が汚れているんだろう?

B
優しく微笑む君を
愛しさ刻んだ時に
忘れかけてた何かが
こぼれおちていた

サビ
絶望に打ちひしがれても
守りたい人が出来たから
この冴えない笑顔のままでも
鼓動は愛で満たしていたい


A
痛みを知る暮らしの中
そして 眠りはいつもの闇夜の孤独
抱きしめすり抜けてく弱い僕は
どれだけ強さを求めていたんだろう?


B
切なさ募らぬように
幸せ安らぐ今を
止めたくなくて続けて
話しかけていた

サビ
欲望がせめぎあうけれど
愛したい人が出来たから
この冷たい氷を溶かした
想いが時に泣かないように・・・


サビ
絶望に打ちひしがれても
守りたい人が出来たから
この冴えない笑顔のままでも
鼓動は愛で満たしていたい

作品紹介・説明

穢れなき瞳

共有する

七味さんの最近の投稿