こころに風の声
えにしに懐かしみ
幼いその昔、俄(にわ)かに思う

何をと尋ねれば
言葉をちぎるように
なだめる風鳴りに、耳を澄ませる

あえて歩く、あぜ道
なにをどうしたいのだろう
みながそうであるように
己もそうなのだろう

選ぶ、選ばれる
道理の基準より
行きたい、行きたくない
応えはたどり着く、ふとしたことから



独りと独りなら
やがては出会いの先に
見え来る良き運を、待とうじゃないか

焦りと苦悩だらけに
せっかくの美しいものを
見こぼす事ないよう、願ってやまない

あえて歩く、あぜ道
なにをどうしたいのだろう
みながそうであるように
己もそうなのだろう

明日は今日よりも
なにより素敵だと
それだけ知っていれば
こころに風の声、聴こえてくるはずだろう



2019/8/14

作品紹介・説明

「あぜ道」1763 作詞 ゆめじ黄 ゆめじ黄・暫くお休みします, milk2

共有する

4件のコメントが寄せられています。

ゆめじ黄・暫くお休みしますさんの最近の投稿

ゆめじ黄・暫くお休みしますさんのタグ