きみにふれていたい

世時 2019/09/02
心の中に一つ思いがふわり浮かんで
大切にしたいのはきみだよって呟く
さざめく春の日も
汗ばむ夏の日も
風立つ秋の日も
凍える冬の日も
いつだって求めてたきみのこと

何かが変わってしまって
もう会えない世界ならば
いっそ終わってしまいたい

向かい風でも追い風でも
ちょうど理由になるのなら
夜空に星一つ輝かなくても
ふとしたきっかけになるのなら

いつか別れる日はきっと
呼吸の止まるとき

僕はずっと
きみにふれていたい

作品紹介・説明

君の肩にふれて

共有する