ブリーチ。

shi-no.a 2019/11/04
1,

A
与えられた色に 染まりたくなくって
脱色してみては 傷ついていた
泣きたい感情も あったけれども
いつか笑うために 色を消していった

B
沁みる痛みが どこか愛おしくて
ボクはボクではない なにかへ変わりゆく

サビ
パサパサとした 金色の髪の毛
少し壊れかかり 弱くなったみたい
こんなボクを見たら どんな顔をするか
ちょっと楽しみでも 怖くもあったんだ

2,

A
叶えられた夢に 埋まりたくなくって
脱色してからは ぐずついていた
逃げたい現実も あったけれども
いつか笑うために こころ賭していった

B
生きる苦みが 微か狂おしくて
ボクはここではない どこかへ歩みゆく

サビ
パサパサとした 銀色の髪の毛
少しほつれかかり 脆くなったみたい
そんなボクときたら どんな嘘をつくか
ちょっと楽しみでも 怖くもあったんだ

3,

C
昔のボクと 現在のボク
違っているものは 髪の毛の色だけ
たったそれだけでも 変わるイメージ
ボクは過去を捨てて 未来へ進みゆく

サビ
サラサラとした 夢色の髪の毛
少し生まれ変わり 強くなれたみたい
こんなボクの姿 どんな色となるか
ちょっと楽しみでも 怖くもあったんだ

D
消えた色から 新たに芽吹く色
確かなきらめきが いつかきっと見える

作品紹介・説明

附曲版はこちら↓
http://musictrack.jp/musics/81256

今年に入ってから書いた「詩」を歌詞に作り替えてみました。
イメージががらりと変わりましたが、根っこにある「脱色」というテーマは同じです。

共有する

2件のコメントが寄せられています。

shi-no.aさんの最近の投稿