恋人坂

七味 2020/05/28
恋人坂


A
初めてのデートに
僕が選んだのは
愛を誓うための
伝説の坂


B
二つの願いが叶う
この坂を
無邪気な笑顔で
のぼる二人


サビ
君は楽しそうに   恋人坂
のぼることで付き合う伝説も知らずに
これからもよろしくね 抱きしめた胸
身体の温もりが消えることはない

A
いくつかのケンカで
君が歩いたのは
愛が終わることの
終幕の坂


B
誓いの鎖が切れる
この坂を
涙を浮かべて
おりた二人

サビ
君がふいに降りた  恋人坂
くだることで別れる伝説も知らずに
あれからを振り返る  あの時のこと
笑顔の写真は色あせていた

サビ
君は楽しそうに   恋人坂
のぼることで付き合う伝説も知らずに
これからもよろしくね 抱きしめた胸
身体の温もりが消えることはない

サビ
君がふいに降りた  恋人坂
くだることで別れる伝説も知らずに
あれからを振り返る  あの時のこと
笑顔の写真は色あせていた

作品紹介・説明

恋人坂の仮歌詞です(;'∀')
編集も視野に入れてます。
のぼると付き合い
くだると別れる
伝説の坂

共有する

七味さんの最近の投稿

七味さんのタグ