Familiar voice

ずっと解っていたよ さり気なく傍に居て
僕を護って来たのは 君だった事を
儚くて今にも 砕けてしまいそうな
瞳を見つめていると 触れるの怖かった

あの夏の日に
犯した過ち
一瞬だけでも
他の誰かへと 動いた気持ちを

裏切った事実を 知っていながら
変わらずに心 哀しみから救ってくれた
でも きっと 笑っても 笑ってない笑みを
君にさせたのは 紛れもないよ 僕なんだと


言葉に出来ない程の 沢山のありがとう
素直 伝える事さえ 阻んでる空気
透明な その中 纏って出ようとせず
傷付く事を怯える 姿は、僕のせい

その美しさ
眼の中 眩く
光って輝く
染まる鮮血に 鏡を割る君

存在を どんなに 否定しようと
忘れない いつも 与えられた この温もりを
そう だから 消えないで 雪が溶けるように
燃える陽炎に くらまさないで。 その 行方を

裏切った事実が 頬に零れる
涙なら罪を 償うから 命懸けても
この 裁きが 下されて 落とされても奈落
君を愛してる 祈っているよ ただ 幸せ

声が、耳届く 聞き覚えある いや ないような…?

作品紹介・説明

セカオワの「umbrella」に、ハマりまくっていて メロディを 思い返しながら (「umbrella」のメロディには)合っていない字脚ですけれど 書いてみました。
「umbrella」の中のヒロインが、あまりにも儚くて なんとか 彼女を消したくなくて 「umbrella」の歌詞中の「君」の想いを 勝手に イメージして、書いてみました^ ^;

共有する

2件のコメントが寄せられています。

まろん/呼都玻(kotoha)さんの最近の投稿

まろん/呼都玻(kotoha)さんのタグ