冬、水戸街道

七里 2020/09/27
江戸から北へ 水戸街道
関東平野の向こう傷
 すねに傷もつ俺にゃ似合いだが
 さむらい姿を装った
 おんな 腕組み
 道を潮来へはずれ旅

あおさぎ一羽 牛久宿
枯れた芦野で風を編む
 舞うは はらはら 雪はおんな文字
 男にゃ読めない筋書きで
 けむに巻く気か
 筑波の山は雲のなか

お先にごめんと 声かけりゃ
コンとうしろで 咳をする
 雪はやんだが 船頭どこにいる
 岸辺の小舟を ゆさぶって
 風が渡るよ
 霞ヶ浦で待ちぼうけ

作品紹介・説明

股旅もの。

HP『鰐組』トップページにUPしました。(10/1)
どうぞお聴きください。

歌詞付きスライドはこちらです。(10/3)

共有する

七里さんの最近の投稿