蛆歌(ウジウタ)

QLL 2020/10/30
蛆歌(ウジウタ)


皮膚を食い破った くしゃくしゃと
口から溢れ出した蛆虫は
蒙昧官能 脳幹堪能 這いずり尽くして吹き出す愛


思考を炙り捻った ぐちゃぐちゃと
涙腺から垂れ流した汁液は
需要などない されど消えない これが模倣のような感情の果てなのか

許されたいだけなのに 死に座した心が邪魔をするの
止めどなく壊れていく 思考経路が 行き着く先は どこなの


これは愛なんかじゃない

これは愛なんかじゃない


これは愛なんかじゃない

これが愛なんかであるはずない




肉体的に限界を迎えて 錆びた心から生まれた生命は
起承転結 因果応報 私の絞りカスの具現化でして
胎児にも限界を迎えて 消えた心から生まれた産声は
期待されたい されど表現できない
その甘い戯言の執着に終わりはあるのか

どの自分にも終焉(おわり)が在るように ただ存在を聞いて欲しいだけなのに
形に嵌った命の在り方は 簡単には変わらないよ

それは 愛なんかじゃない

それは 愛なんかじゃない

それは愛なんかじゃない

これが愛なんかであるはずがない


美しいほどに尖っていて
なんだか痛々しく咲いていて
助けようにも拒まれて
エンドロールは目前

一人一人は悲しくも無力で
抱きしめようにも掴めなくて
屍から這う蛆が君のようで
その愛を飲み込んだ

それは愛 じゃない


それは愛なんかじゃない

これは愛なんかじゃない

愛 なんかであるはずがない


君が生み出したものが欲しくて
君が私に残した物が欲しいだけで
この蛆が私に教えてくれるの きっと
君を愛してた 君だけを愛してたと

君に誇れる私になりたかった
私の柱が君のように 強く 強く
なのに君を失った私は もう
これが愛 なんかであるはずがない

その蛆を飲み込んだ


それは 愛なんかじゃない

それは 愛なんかじゃない

それは愛なんかじゃない......

作品紹介・説明

これは愛じゃないと

共有する

QLLさんの最近の投稿