風に負ける風車の愛に

わっかないTakashi 2021/01/20 作曲募集中
A
交互に訪れる 雨の日にはね
愛の小さな疑いが 
キノコのように 生えてくるけど

B
背を向けるのはもうよそう
そう思ったそれだけで
幸せの波が押し寄せてきた

C
前向きな言葉を使おう
軒先につるす てるてる坊主のように
明るい明日の種を蒔くように
君が待つ方の道へつなごう


A
突然訪れる 暗い日にはね
愛の小さな泣き言が
ガラスの心 曇らせているけど

B
何もしないのはもうよそう
手を動かすそれだけで
嬉しさの波が打ち寄せてきた

C
前向きな言葉を使おう
星空を仰ぐ 幼き子どものように
明るい明日を疑いもせずに
心に見えてるものだけ信じて


A
想いを一つに しないことはね
太陽を正面に相手取ること
光がいつも 眩しすぎるというね

B
君は嘆いているよ そうやって
自分一人が勝ちたがり
甘えの嘘を蔓延らせ
偽りの影に身を隠してる

C
前向きな言葉を使おう
故郷(ふるさと)を想う 老いた船乗りのように
明るい明日に 向き合えるように
祈りをこめてまた今日を終えよう


D
人とのやり取りは 風車(かざぐるま)
向う側へ送り出して 半分勝って
こちら側へ受け取って 半分負けて
そのなかで負けに 踊らされてみる

そしたらきっと 君にも見えるさ
誰もが同じことしてると
そのときやっと 君は思えるさ
みんなの心が一つになってゆけると


C
前向きな言葉を使おう
星空を仰ぐ 幼き子どものように
明るい明日を 疑いもせずに
心に見えてる ものだけ信じて
星に願いなど かけたりせず
誰のあるがままも 縛りはせずに

作品紹介・説明

昨日(19日)の朝書いていた試作です。

共有する

わっかないTakashiさんの最近の投稿