品川やくざ

七里 2021/09/24
やくざが風切る界隈の
通りを若僧 引かれ者
がんじがらめの捕り縄が
さぞや無念の馬の上
今がこの世の見納めか
鈴ヶ森から 誘い風

風に袖口ふくらませ
なにげなさそに 岡っ引き
境の橋行くあきんどを
呼びとめ 小突いて さぐり顔
あぶねえ野郎は手前だろ
尺五の十手がでかすぎら

たまにや艶めく話でも
よかろうと気張って奢り酒
聴けば女は もと賊徒
「ねずみ小町」ときやがった
月が照らした脛の傷
あすは多摩川 越えるとか

作品紹介・説明

うた入りはこちらでどうぞ。

共有する

6件のコメントが寄せられています。

七里さんの最近の投稿