an accident ~ 日本語対訳付き ~

DerWurmBlumchen 2022/02/05
An accident ,there was an accident ,while I was driving through the highway.
The siren rang ,the siren screamed loudly ,so I was too upset.

アクシデント、事故があったの、あたしが高速道路を走ってたら。
サイレンが鳴ったわ、そのサイレンのヒステリックな大きな音で、すごく心が乱れたの。

Out of control ,the traffic got out of control ,I could not arrive at the center of the city.
I got stuck in ,we got stuck in traffic ,but I had to get there.

コントロール不能、交通が制御不能になったの、
あたしは都市の中心に辿り着くことが出来なくなっちゃった。
閉じ込められたわ、あたしたち皆、渋滞に巻き込まれた、
あたしはそこに行かなくちゃいけなかったのに。



Red lamps confused me with the accident.
The sirens irritated me in the highway.

アクシデントの中、赤いランプがあたしを混乱させた。
高速道路の上で、サイレンがあたしをイライラさせたのよ。



Then the full moon was coming out from behind a few clouds
,like looking down on the people and the city.
And the night was too humid ,so I wiped the sweat off
,surrounded by the sirens and the loud cell phone calls.

そんな時、雲の合間から満月が現れて、まるで都市と人々を見下ろしてるみたいだった。
その夜は酷く湿っぽくて、あたしは汗を拭ったの、
サイレンと携帯電話のうるさい通知音の群れに囲まれてる中で。

I suddenly realized that I had lost consciousness in a driver's seat
,when I saw the moon ,the silver bright moon.
Awaking to my full mind ,but I was not sure what happened.
There were just the accident and the siren's noises.

その月を、銀色に輝く月を見て、急に判ったの、ずっと運転席で正気を失っていたことを。
完全に正気を取り戻したけど、何が起こってるのかは判らなかった。
ただ事故とサイレンの騒音があるだけ。



The full moon ,there's only the full moon ,without any stars ,there are no stars.
I wonder why I had to arrive at the center of the city.

満月、満月があるだけ、星はないの、一つもないの。
あたしは何で都市の中心に辿り着かなくちゃならなかったのかな。

Thick chimneys ,that are smoking badly ,in a wide river ,dirty water is flowing.
And in the view ,I am starting forgetting the accident and the sirens.

幾つかの太い煙突からは酷い煙が出てるし、広い川には汚い水が流れてる。
そんな風景の中で、あたしは事故とサイレンのことを忘れ始めてる。



Red lamps are glistening like warning.
And forgetting the accident ,I cannot remember something else.

赤いランプが警告みたいにピカピカ光ってる。
事故のことは忘れていくし、他のことも思い出せない。



Suddenly my cell phone is ringing ,but I'm getting stuck in my car and my daydream
,at my own blank heart.
So I don't think I need to get on the phone ,my ringing cell phone.
I say to myself ,"Who calls me ?" absent-mindedly.

突然、あたしの携帯が鳴ったけど、あたしは空っぽの心で、
自分の車と白昼夢に閉じ込められてる。
それでその電話に、その着信中の携帯に出る必要なんかないなって思って。
うわの空で、あたしは自分にこう言うの「誰があたしに電話なんかしてくるのよ?」

The ringtone is getting louder and louder ,so I throw the phone out of my car window
,with a matter of worry.
I'm beginning to sing a funny melody ,though in the accident.
We're still getting stuck in traffic congestion at midnight.

着信音がどんどん大きくなるから、
もうあたしは車の窓から携帯電話を投げちゃう、心配事と一緒にね。
事故に巻き込まれてるけど、あたしは歌い始めるの、滑稽なメロディを。
あたしたち皆、いまだに交通渋滞で身動き取れないのよ、それも真夜中に。



The night is still too humid ,so I wipe the sweat off
,the silver full moon at the great height.
Something is exploded ,and sirens are screaming so piercingly.
Thick chimneys are smoking badly. The wide river is dirty.

夜はいまだに酷く湿っぽいから、あたしは汗を拭う、そして空高くには銀色の満月が。
何かが爆破されて、サイレンがもう耳をつんざくようにヒステリックに叫んでる。
太い煙突からは酷い煙、汚れた広い川。

People are forced to get stuck in the terrible accident.
They lose consciousness. They are too confused.
It is impossible to arrive at the center of the city.
And finally nobody really knows what happens.

人々はその酷い事故に閉じ込められることを強いられてて、
皆、正気を失ってるし、酷く混乱してる。
都市の中心に辿り着くなんて不可能よ。
だって結局、何が起こってるのか本気で誰も知らないし。

My car getting stuck in the highway and the accident
,I can just sing ,just sing a funny melody joyfully
,under the moon ,silver brightness at the great height... ...

あたしの車がアクシデントと高速道路の上で身動き取れない中、
あたしが出来るのは歌うことだけ、ただ滑稽なメロディを嬉しそうに歌うの、
空高く銀色に輝くあの月の下でね・・・ ・・・

作品紹介・説明

習作的英語ソング No.10の歌詞♪♪♪

共有する