僕が嫌いだと思う君だった

七味 2022/07/01 作曲募集中
A
あの日から決めていた
初めて買った旅行雑誌
抱きしめながら駅に向かう
はじけそうな鼓動を隠す


B
景色がどんどん変化する
海も山も越えていく
君から離れた決意の日
僕が望んだはずだった



サビ
知らない土地に移り住んで
さまざまな人に触れ穢れを感じた
そんな時いつも支えてくれていたのは
僕が嫌いだと思う君だった


A
気付かずに過ぎていた
このとき知った淡い記憶
よみがえるたび胸が痛い
焦りすぎた旅路を思う


B
心がみるみる変化する
街も人も冷たいね
君への想いが募り出す
時が教えて泣き出した


サビ
知らない土地に移り住んで
色々なことを知り痛みをともなう
そんな時いつも助けてくれていたのが
僕が嫌いだと思う君だった


サビ
知らない土地に移り住んで
さまざまな人に触れ穢れを感じた
そんな時いつも支えてくれていたのは
僕が嫌いだと思う君だった
僕が嫌いだと思う君だった

作品紹介・説明

僕が嫌いだと思う君だった・・・

共有する

2件のコメントが寄せられています。

七味さんの最近の投稿