存罪歌

QLL 2022/09/09
存罪歌




何か が

壊れる 音を 感じた




この身に 迫る 波の音 遠くに 感じた


誰にも 愛されずに
誰かに 必要とされずに

この身を 保つのは ちょっと 疲れたよ



また 明日 また 明日が来る なら
どうか また どうか また
空から 零して ください

また 明日 また 明日がある なら
どうせ また どうせ また
世界から 溢れるのだろう






誰か が 泣いていた

未来が わからないと 泣いていた

誰にも わからないんだ 自分の事すら わからないんだ


何も 考えないうちに 大人になっていた
何も 与えられないうちに 子供が 終わってた

そんな私が 誰かに与えるのは 難しいな




また 来世 また 来世がある なら
今度はもっと 今世より 強く 生きたいな
また 来世 また 来世がくる なら
今度は ちょっと 今世より 傷付かず 死にたいな









自分が 必要か なんて


わからないまま わからないまま 生きていた


海に この身 浮かばせ 星を眺め 泣いていた



今は 眠ろう

________________明日があると 信じて




また 明日 また 明日が来る なら
どうか また どうか また
空から 零して ください

また 明日 また 明日がある なら
どうせ また どうせ また
世界から 溢れるのだろう


また 来世 また 来世がある なら
今度はもっと 今世より 強く 生きたいな
また 来世 また 来世がくる なら
今度は ちょっと 今世より 傷付かず 死にたいな


誰も 傷つかず 死にたいな







作品紹介・説明

存在が罪なのならば

共有する

QLLさんの最近の投稿