作詞

"ストーリー"に関する作詞 フィルタを外す
1  2  次へ 最後    34件

午前零時の物語

カボチャの馬車に 乗ってドラキュラ伯爵が やって来たガラスの靴を 差し出...

『虹色カナタ』 Image Story ep:08

「あぁ、そうだったのか・・・!やっと・・・やっと届いた・・・、聴こえたよ...

『虹色カナタ』 Image Story ep:07

彼女が旅立ってから、どうやら一週間ほど経ったらしい。らしい、というのは、...

『虹色カナタ』 Image Story ep:06

その日、僕たちは、黙りこくったままで船着き場へと向かっていた。運命の船が...

『虹色カナタ』 Image Story ep:05

あれから十数回ほど誕生日を迎えるまで、僕たちの毎日には本当に色々なことが...

『虹色カナタ』 Image Story ep:04

「お金・・・これだけしか無かったよ」「700か・・・うーん。オジサンも譲...

『虹色カナタ』 Image Story ep:03

どうやら、僕の不安は取り越し苦労に終わったみたいだ。虹はまだ空に大きく架...

『虹色カナタ』 Image Story ep:02-2

空に大きな虹を見つけた。だから、君にも見せたくなった。そして、同じものを...

『虹色カナタ』 Image Story ep:02-1

あの頃の僕たちは本当に小さくて、頼りなかった。思い返すと、もどかしいよう...

『虹色カナタ』 Image Story ep:01

虹を描いていた。ただ、ひたすらにそうしていた。そうすることで、あの日の『...

『空のそらと、風のうた』~episode:end -風のうた・2-

怒声混じりの奴らの声は、まだずいぶん遠くのほうから聞こえているが、飛行機...

『空のそらと、風のうた』~episode:end -風のうた・1-

どこまでも続くかのように思えた長い梯子にも、ようやく終わりが見えてきた。...

『空のそらと、風のうた』~episode:16 -ふたりの息子-

ザッ、ザッ、ザッ。少し離れた場所から、規則的に音を刻む足音が聞こえている...

『空のそらと、風のうた』~episode:15 -サイカイ・結-

「まずは俺が中の様子を確認する」様々な想いにかられ、物思いに耽っていた僕...

『空のそらと、風のうた』~episode:14 -救出-

男が同行しているとはいえ、屋敷内に入ることにはそれなりに勇気が必要だった...

『空のそらと、風のうた』~episode:13 -ゆずれないもの-

「なかなかいい殺気を放っているな。上出来だ」「アンタがそんなつまらない言...

『空のそらと、風のうた』~episode:12 -それぞれの思惑-

「おい、居たのか!!」「いや、こっちには居ねぇ!あのガキめ、どこに消えや...

『空のそらと、風のうた』~episode:11 -たたかう理由-

僕が“脱獄”してしばらく経ったが、屋敷内が慌ただしくなることは、今のところ...

『空のそらと、風のうた』~episode:10 -あらかじめ失われたもの・2-

「なにがいいものか……」「ロ、キ……?」「いいか、僕がここに戻ってくるまで、...

『空のそらと、風のうた』~episode:10 -あらかじめ失われたもの・1-

ここは牢ではなかったのだろうか。すでに体全体を開き降伏の意を示した扉の、...

『空のそらと、風のうた』~episode:09 -自由の対価-

今日だけですでに二度も散々痛めつけられ、すっかり、いたぶられ癖がついてし...

『空のそらと、風のうた』~episode:08 -誰のものでもない風-

その晩から数日が経った、ある日の早朝――彼女が脱走を図った。しかし、屋敷を...

『空のそらと、風のうた』~episode:07 -サイカイ・継 -なかない篭の鳥-

少女は人形だった。いや、それは正しくない。正しくは、人形のように扱われて...

『空のそらと、風のうた』~episode:06 -空のそら・2-

それから、あっという間に月日は過ぎ、知らぬ間に背もずいぶん伸び、声も変わ...
1  2  次へ 最後    34件