Funky Struttin'

スムースジャズマン

作品紹介・説明

2006年8月に公開した曲です。

この曲、オルガンがメインというちょっと珍しいアレンジになりました。オルガン系のソロを弾くのは本当に久しぶりでした。実を言うとニール・ラーセン、リチャード・ティー、ジャズではジミー・スミスといったオルガンの達人が弾くハモンドオルガン+レスリー・スピーカーから流れる音のウネリが気持ちよくて好きです。

2006年8月当時、ようやく手に入れたデジタルマルチトラックAW16Gを使ってコーラスも入れてみました。この手のパートの多いコーラス、やってみたかったんです。実はこれ、「ドナルド・フェーゲンみたいなハーモニーってどうやるのか?」という実験だったんですが...うーん、ぜんぜん違うな〜。また研究しなければ。

プロダクト説明

シンセサイザー(ハード): Kurzweil 1200Pro I, Kurzweil Ensemble Grande Mark IV (System ROM K1000SE extd), Kurzweil ME-1 (オルガンの音はこれ), Roland JV-1080, Korg 03R/W
音楽制作アプリケーション: MOTU Performer
レコーダー: YAMAHA AW16G, Peak LE
エフェクター: Sony R7, BOSS CE-300, BOSS CE-3, YAMAHA R100
ドラムマシン: Roland R-5
ミキサー: MACKIE CR1604X2, MixerMixer
モニター: JBL Control 1, AKG K140

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland JV, KORG 01/W, KURZWEIL KURZWEIL
レコーダー
YAMAHA AW
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series
ミキサー
MACKIE VLZ
モニター
AKG K
コンピュータ
Apple Mac
ドラムマシン
Roland R-8

6件のコメントが寄せられています。

04:45 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 201
  • お気に入り: 17
  • フュージョン
  • オリジナル作品
  • 作曲:S. Kawahara
  • 編曲:S. Kawahara
2009/12/29 11:59