DAS NEUE JAPANISCHE ELEKTRONISCHE VOLKSLIED/坂本龍一/1978.12.22 六本木ピットイン

カーク船長

作品紹介・説明

あけましておめでとうございます。
今回は「教授」の曲で、古いライブテイクのコピーです。
1978.12.22 六本木ピットイン、YELLOW MAGIC ORCHESTRA 3days でYMOとして演奏されたDAS NEUE JAPANISCHE ELEKTRONISCHE VOLKSLIEDをコピーしました。
アルバム「千のナイフ」B面の1曲目でしたね。
初めてこの曲を聴いたときは、かなり奇妙な曲だなぁ、と感じておりました。
原曲はノリのいい曲とは言い難いのですが、元々奇妙なだけに、オーソドックスなドラムを加えるだけでライブ曲としてのインパクトがバッチリ、聴く者を唸らせるアレンジです。
アルバムバージョンと違い、意外に気持ちの良い曲になっていて、一回聴いただけで虜になり、今回の完コピとなったわけです。
このライブ音源はライブハウスでの演奏でしたので、トータルリバーブを短めにかけてみましたがどうでしょうか。
教授、もう一度こんな曲リリースしてくれないかなぁ~

プロダクト説明

MIDIキーボード:AKAI MPK49
BASS:Roberson Audio Synthesizers”Oddy-Free”
その他:Synth1

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
ImageLine FL STUDIO
オーディオインターフェース
EDIROL UA
フリーウェア
Freeware Synth1

8件のコメントが寄せられています。

06:44 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 390
  • お気に入り: 8
  • テクノ
  • カバー作品
  • "NEUE JAPANISCHE ELEKTRONISCHE"
    坂本 龍一
    (jasrac) 097-8282-6
2010/01/10 18:27