Snow Drop~collaboration ver.~蒼咲雫&Rain.

蒼咲雫

作品紹介・説明

作詞・作曲・ミックス・ジャケット画像→Rain.さん
歌・コーラス→蒼咲雫

プレ王からの音楽友達Rain.さんとの、なんと初コラボです!ゴゴゴ!Σ(*-Д-*)
だいぶ長いお付き合いなので、すごく意外な感じがしますw
こうしてミュージックトラックに移行後もお世話になっております(・▽・)♪

今回のコラボは、Rain.さんが昨年12月7日に下記のページに公開された
「Snow Drop」のインスト版が元になっております。↓
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=14747&mod=sounds&snd=9684

何か機会があればコラボしたいですね~というお話をしていたところ、
よかったらこの曲を・・!と嬉しいお誘いを頂き、こうして企画が始まりました。
ミックス作業では、お言葉に甘えていろいろ細かい意見(爆)をしてしまったのですが、
すぐに対応してくださって本当に助かりました~!!(>v<)♪
ありがとうございました!ぷほーっ(*´д`*)(爆)


Rain.さんの音楽の世界はとてもはっきりとしていて、
どの曲を聴いても情景が浮かんでくるのです。
プレ王で最初に聴いた「きみのカケラ」からチェックしているほど
お気に入りなのです!(*>△<*)!!
この機会に、他の曲も是非聴いて頂いて、
その世界観を体験してみて下さいませ!(*^▽^*)☆

Rain.さんのユーザーページ
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=14747


Rain.さんからのメッセージ***************************************************************************************

このコラボは、驚くほど時間が過ぎるのが早く、作品の完成は何より
嬉しいことなのに、その反面、もう完成してしまうことが残念なくらい、
楽しい時間を過ごすことができた、素晴らしいものでした。

美しいボーカルでこの作品に命を吹き込んでくださった蒼咲雫さんは、
しなやかなヒーリングボイスをお持ちのボーカリストさんであると同時に、
ソングライティング、その他多岐にわたってり素晴らしいセンスを発揮
されているアーティストさんなのです!

私は、その世界観とか、作品に触れてから、すっかりいちファンに
なっているわけですが、今回、そんな蒼咲さんと、私にとって特別
思い入れのあるこの「Snow Drop」でコラボできたことは、ちょっと
言葉では言い表せないくらい、すごいことだし、嬉しいことでした(´∀`).。:*☆

ボーカルは、作品の世界観によく似合っていて、どこか儚げ。
でも、芯のある凛とした歌声がとても印象的だし、コーラスパートも、
これも大げさじゃなく、聴いていると、ほぅ…っとため息のでるような
コーラスワークで、オケなしでいいからそれだけを聴いてもらいたいと
思うほどで、なんだかずーっと癒されたり、感動しっぱなしの数日間
だったなーと思います。

えっと、結果、ベタ褒めのようなPR文になってしまいましたが、
すべて本当のことですので...w

聴きどころはもちろん全部なのですが、透明感のあるファルセットや、
間奏部分のコーラスワークにも、ぜひ注目して聴いていただければ、
と思います^^

蒼咲さん、素晴らしい歌声と時間を、本当にありがとうございました!!

新しく生まれ変わった「Snow Drop」、ぜひ、聴いてみてくださいっ。

Rain.

***************************************************************************************
2010.6.29 修正版公開
2010.7.09 修正版公開
2011.6.19 修正版公開

プロダクト説明

・SONAR LE
・TiMidity++
・Music Studio Producer
・SoundEngine Free3.0.0.1
・フリーサンプル素材等

Rain.

作品紹介・説明

詳細は、蒼咲雫さんの公開ページPR文にて!
書きたかったことや、聴きどころなど、他にも色々と、
すべて、そちらに書かせていただいておりますのでっ。
楽しんでいただければ、幸せです!ぷほーっ(*´д`*)

プロダクト説明

・SONAR LE
・TiMidity++
・YAMAHA Mid Radio Player6.0
・SoundEngine Free3.0.0.1
・フリーサンプル素材等

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

それは 星のない闇の中を
手探り 歩いているよう

心許ない こんな気持ち
ねえ 誰もが味わっているの

絶えることなく 積もる雪が
世界の足跡 消すように

時はたしかに とどまらずに
喜びも 悲しみも 連れ去る


たとえば明日が 来ないなら
夢なんて みないのに...

冷めきったはずの 心は
なりやまず 叫び続ける


壊れてしまうこと
怖れて 私から
振りほどいてしまった 未来を

そっと拾い上げて
差し伸べていた 愛しき人

その手に触れてから
はじめて気づいたの
この手がとても冷たいことに

伝わるぬくもりが
こごえる心 潤すから
涙 零れ落ちた


おとぎ話になれず 消えた
祈りや 願いも あるでしょう

だけど 選んだ道は きっと
そう 間違いばかりじゃないはず


後悔も 傷も 今は
まだ 受けとめられないけど

拙くても そう...
あなたへの想いに 嘘はないから


あなたに逢ってから
色を失くしていた
世界が また 色付き始めた

その手に触れるたび
自由になれる
ほどかれてく

あふれだす想いに
気づくために きっと
独りきり 過ごしてきたのだろう

信じる そのたびに
満たされてゆく
強さになる
あなたが いるだけで


あなたも 同じように
さみしさや つめたさ
耐えながら ここまで来たのなら

ありのままの私
受けとめていてくれたように

いつの日か 私も
この手を差し出したい
あなたの支えになりたいから...

どうか 忘れないで
時がふたりを わかつ日まで
決して 離さないで


世界は広く 目に映った
ものさえ 見失うのなら

舞い散る雪に 強く願う
ふたり 離れてしまわぬように...

2件のコメントが寄せられています。

07:00 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 501
  • お気に入り: 10
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/01/16 15:55