Vocalise Etude(ヴォカリーズ・エチュード)/メシアン (テルミン) [2008.8月]

三毛子

作品紹介・説明

【2008.8.30の演奏→2008.9.1 MySound公開分】
2008年はメシアン誕生100周年でしたので、いつもは聴くばかりだったメシアンの曲を弾いてみることにしました。
「Vocalise Etude」とは、パリ国立高等音楽院の声楽用の練習曲のことで、この曲はその151番として作曲されたものです。後年にはオーボエとオーケストラ用に編曲されてConcert a quatre(コンセール・ア・キャトル)の第2楽章のVocaliseとなった曲です。
メシアンはオンド・マルトノの曲は書きましたが、テルミンの曲は残念ながら一曲もありません。 そこで、今回は本来母音で歌うメロディをテルミンで演奏することにしました。
短いシンプルな曲ながらも、メシアンらしさが顕れている作品だと思います。

プロダクト説明

レコーダー:Fostex VF80

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN
シンセサイザー
MOOG Theremin

2件のコメントが寄せられています。

04:08 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 139
  • お気に入り: 5
  • クラシック
  • カバー作品
  • "Vocalise Etude n°151"
    Olivier Messiaen
    (jasrac) 0C5-1055-7
2010/02/03 01:33