おやすみ

Chieko?

作品紹介・説明

にゃんこ師匠が交通事故で骨折した時の入院中の作曲です。
病室にプリンタまで持ち込んで楽譜も印刷できていました。
お見舞いに行った時に、その曲を聴いて後日歌詞を考えました。

都会へ出て来て独り住まいを始めた気持ちを歌っています。
ちょうど舞鶴から京都に出て来た頃の私自身と重なります。
ただし、歌詞にある妹は私にはいません。弟はいます。

プロダクト説明

Cakewalk Overture2.04
Roland JV-1010
Apple PB-1400CS
YAMAHA D24
RODE NT-2

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

生まれ育った あの街を離れて
一人の夜が もうすぐ訪れる
秋も近付き 鈴虫の声が
聞こえはじめて 陽が落ちてゆく

自転車で遊んでた あの子はパパとママに
どんなお話で 瞳 輝かせるの?
小さな胸を 希望で膨らませ
笑顔のままで 今日はおやすみ

窓に明かりが 少しづつ灯り
笑いの華で いっぱいになる

弟や妹は 今頃なにしてるの
考えていたら 少し涙が出た
遠くに浮かぶ 輝く満月に
見守られながら 今日は眠ろう

今日は おやすみ

6件のコメントが寄せられています。

04:38 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 137
  • お気に入り: 6
  • フォーク
  • オリジナル作品
2010/03/08 08:50