雨の日のラララ

k@zoo

作品紹介・説明

時々発作的に作りたくなる、暗~い曲。
たまにはずーーんと沈んでみるのもいいかも。

光陽さんの歌詞のおかげで、完成させることが出来ました。
ありがとうございます。

プロダクト説明

ギターパートは久々にハムバッカーPUのみでやりました。
(ここしばらくシングルコイルにはまってたもんで)

使用したプロダクト

マイク
SENNHEISER e

光陽

作品紹介・説明

今作のKazooさんからの作詞のお題は「暗ぁ~~~い歌詞を」ということで、じめっと書かせていただきました(笑)。
あまり暗ぁ~~~い歌詞は今まで書いたことがなかったのでKazooさんのお力を借りながら完成させました!
なので今回の作詞はKazooさんとの共作ということで^^。
Kazoo&光陽の新作、ぜひお聴きいただけると嬉しいです!!!

「雨の日のラララ」
歌:Kazoo
作詞:光陽 & Kazoo
作曲・編曲:Kazoo

プロダクト説明

Kazooプロダクト

51件のコメントが寄せられています。

歌詞

【雨の日のラララ】
歌詞:光陽&Kazoo


もうすぐこの街も 雨に沈む頃さ
あの日の欠片を まるで隠すように
俺たちが暮らした部屋の
窓から見えるのは黒い空

おまえがいなくなった後の俺は
暗闇の中をさまよい続ける

やがて降りだした雨 窓を濡らしはじめ 
アスファルト叩く 音が響くよ
おまえに贈るはずだった歌だけ
今もこの部屋の片隅に錆びついたまま
ずっとここに転がっているから唄えない

雨の匂いが好きと お前はそう言って
ひとつ傘の下 はしゃいでいた
雨に濡れた肩はいつでも
半分づつのふたりだった

   
雨が心を洗うのなら
記憶の欠片を流してくれ


ひとりきりRainy Day
雨に消えるLonly Song
ラララララ・・・

51件のコメントが寄せられています。

04:43 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 83
  • お気に入り: 21
  • ロック
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/03/11 13:51