Korg Monotron Demo (J.S.Bach インヴェンション 第8番 ヘ長調)

takeda

作品紹介・説明

自作MIDI-IFで鳴らすコルグの新製品Monotron。

2声。上のパートは2重録りなので、トータルで3トラック。イントロの直前の空白は、テープレコーダーのSN比も再現されている。動作の確認のための録音。特にポルタメント最小がどんな感じかを確認するためのもの。ちと、粘りすぎ。もうちょいあっさりかまさないと...

低音が足りなく思ったので、EQで持ち上げて失敗してる。

バッハの曲は、演奏を聞いて楽しくて、譜面で表現される数学のパズル的な楽しみがあって、そのハーモニーの流れと解決に向けて疾走する意識の流れが楽しめて...。色々な楽しみがある。
電子回路にも、図面の美しさはもとより、そこに表現される部品の動作の巧みさに気づいた時、図面に流れる仮想の電流がきらめくのを見る事ができる。さらに組み立てれば見えない電流の流れをオシロスコープで見ることができる。

さらに、音が出るのだ。ああ、楽しい。

プロダクト説明

Monotron + 手作りMIDI-IF

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
オーディオインターフェース
E-MU E-MU 0404

4件のコメントが寄せられています。

01:11 / 225.142kbps

共有する

  • 再生回数: 301
  • お気に入り: 8
  • エレクトロ
  • パブリックドメイン作品
  • デモサウンド
  • "インヴェンション 第8番 ヘ長調"
    Johann Sebastian Bach
2010/04/28 14:58