The Girl In White (hamoさんとコラボ)

s-bill

作品紹介・説明

hamoさんと何かコラボできたら最高だなあ,という願望から生まれたコラボです。
hamoさんがいなけれ,とてもじゃありませんが,カバーしようなどと思いつきもしないような作品です。14カラットソウルというアカペラ・コーラスを達郎がプロデュースした時の曲で,確か,ウィスキーのCMでも使われていたような気がします。

とにかく,オケは完璧だし,何と言ってもhamoさんが控えてくれているので,僕としましては気楽にやらせていただきました。しかしやっぱり,達郎の曲を歌うのは,難しかった・・・。簡単そうに聞こえても,実際に歌ってみると,すごく難しいんです。勉強になりました。
因みに,オリジナルより半音だけ高いキーになっています。

とにかくhamoさん,本当にありがとうございました!
調子に乗って,またお願いしちゃいますよ!
----------------------------------------------------
hamoさんからのコメント

今回、Severe Frostさんとs-billさんの素晴らしいコンビに混ぜていただい
て、密かな憧れの曲、山下達郎さんの「The girl in white」を一緒に演奏させ
ていただきました。

Frost さんの【完全】コピーのオケを頂いて、(幸せだなあ。。。じ~ん)と本
当に嬉しかったのが思い出されます。私は歌しか出来ないので、一曲丸々作品を作る事が出来た事がなかったのです。達郎さんの世界にすっと入っていけるオ
ケ。それも何十年ぶりのミミコピとは・・・!

また、s-billさんのヴォーカルを頂いた時の鳥肌、忘れられません。
「このヴォーカルを聴きたかった!」という位、この曲のシチュエーションに
ぴったりの歌。
この雰囲気を壊さないように、膨らませる事が出来るように、バックコーラス隊
として歌ってみました。

本当に楽しい録音でした!
またよかったら、コラボって下さい!ありがとうございました!*****hamo***:**

*hamoさんのページ
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=3669&mod=sounds&snd=2007
----------------------------------------------------------
Frost氏のコメント
オケ作りまでは比較的順調でしたが、hamoさん、s-billさんという二人のスペ
シャリストの声が入ってからのミキシングが難しかったです。でも、ミキシング
嫌いの私にはとても良い試練になりました。

hamoさん、s-billさん 素敵なボイスをありがとうございました。

Frost(V-Drumは叩いておりません)

プロダクト説明

(Frost氏にお尋ねください)

Frost

作品紹介・説明

オケ作りまでは比較的順調でしたが、hamoさん、s-billさんという二人のスペ
シャリストの声が入ってからのミキシングが難しかったです。でも、ミキシング
嫌いの私にはとても良い試練になりました。

hamoさん、s-billさん 素敵なボイスをありがとうございました。

Frost(V-Drumは叩いておりません)

プロダクト説明

CUBASE 付属のHALion One

使用したプロダクト

ソフトシンセサイザー
Native Instruments FM7/FM8
PCM音源ソフト
Steinberg HYPERSONIC, MUSIC LAB REAL STRAT
ドラム音源ソフト
Steinberg Groove Arent
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
プラグインエフェクター
IK MULTIMEDIA T-RackS, CELEMONY SOFTWARE Melodyne
マイク
SHURE SM
モニター
YAMAHA HS, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
MIDIコントローラー
E-MU Xboard
波形編集ソフト
SONY SMS SOUND FORGE
ミキサー
YAMAHA n

22件のコメントが寄せられています。

04:09 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 136
  • お気に入り: 18
  • Jポップ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "The Girl In White"
    山下達郎
    (jasrac) 081-4762-1
2008/07/12 13:16