笹舟

帆(せいる)

作品紹介・説明

2008年のちょうど梅雨時に「七夕」をモチーフとして創った歌です。Gt、Piano、Ba、Dr、を収録したものの、事情によってお蔵入りしていたのですが、個人的に気に入っていた歌でしたので、なんとか完成させたいと思い、蔵から引っ張り出して来ました。歌詞に関してはセンチメンタルな作風で、自身でこの様なものを書く事は、これより後にも先にも無いだろうと言う気がします。

ドラムパートは友人nariによる演奏で、同年12月に近所のリハーサルスタジオへMTRとマイクを持参して収録したものです。短時間で、クリックも他楽器の併奏も無く、ドラムのみでの収録でしたが、折角演奏して貰った音源を今回活用出来て良かったと思います。

ギターは友人の折原マミヲ氏が弾いて呉れました。この曲のギターに関しては個人的にはJAMの「LOVER SOUL」のサビの様に、歌と平行したオブリガート的な演奏をイメージしていたのですが、その事は全く氏に伝えておりませんでしたが、後に受取ったギタートラックを重ねて見たらAメロ部分でまさにその様になっていて少し驚きました。メロディアスかつ啼きのギターソロが大変気に入っています。

歌を歌って下さる方は此方のMUSIC TRACKで探しました。コラボ受け付けをされておられたLullyさんの作品を聴かせて頂いた所、歌に置いて想像していたイメージにぴったりのお声で、お願いしましたら1つ返事で快諾下さいました。サビ部分の音程がかなり高いので、キーを下げることを最初考えたのですが、なんとオリジナルのキーのままで歌い切って下さいました。すごく声域が広い方です。サビのハモリもLullyさんの提案で、ミックスに関しても何かとご助力も頂き、本当にありがとうございました。

制作に協力下さった方、聴いて下さった方にお礼を申し上げます。

Vo : Lully
Gt : 折原マミヲ
Ba : y@tch
key: せいる
Dr : nari
(敬称略)

プロダクト説明

E.Gt GRECO BM-900
E.Ba Moon Corp JJ-4
E.Pi YAMAHA CLP-840
Dr Pearl
MTR YAMAHA MD-8
DAW Cakewalk SONAR

and more...

マミヲ

使用したプロダクト

コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series
エレクトリック・ギター
Gibson レスポール

Lully

作品紹介・説明

せいるさんとコラボさせていただきました(^ー^* )♪


2月・・・お話しをいただいたときはただうれしかったのです^^
ワタシの歌を聴いてくださる方がいるってだけでもですが、
コラボにお誘いいただけるなんて思ってもいなくて。


Aメロは覚えやすかったです。シンプルだけど感情が出せるように
がんばった!(つもり><)
サビがですね@@
とても高くて! 出せない音域ではないのですが、
感情的に歌うとどうしても叫んでしまって、録音Lvの調節に苦労しました@@;
少し、公開予定には遅れたのですが(ごめんなさいね;;)
無事公開できてうれしいです^^


せつない想い出をワタシなりにたどって大切に歌いました。
聴いてくださる方に伝わればうれしいなぁって思います♪


贅沢にも生演奏なのです(*´ -`)
バンドサウンド最高~~♪
ぜひぜひ聴いてみてくださいね♪

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
マイク
RODE NT

11件のコメントが寄せられています。

歌詞

笹舟

川のほとりは深色の夏草が
野に広がり薫る
ささめくような夕風は
少しだけ背を押してくれる

裏ぶれたこの場所へ
こころ運んだのは
記憶の中の君から
呼ばれたのかも知れない

無垢な瞳の遠い日のふたりは
また此処へ来ようねと
笑顔に秘めた頼り無げな誓いを
小指で結んだ

どこまでも行けそうな
密やかな勇気が
目覚めれば薄れて行く
夢のように消えぬように


徒夢の淡き川に浮かぶ約束の笹舟は
蛍の灯火に送られて
あの日流れて行った願いを載せて

(間奏)

いつまでも続きそうな
緩やかな日々が
目覚めれば薄れて行く
夢のように消えるようで

時果てて今も胸に残る露雨のあの道の
想い出がたとえ色褪せても
ふたり歩いたことは忘れはしない

※繰り返し

11件のコメントが寄せられています。

05:07 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 115
  • お気に入り: 7
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/06/14 13:12