BE A SUPERMAN w/garumusica

maXin

作品紹介・説明

<2010.11.20>w/garumusica(コラボ版)の公開
念願だったガルさんとのこの曲のコラボが実現いたしました。
よりエレクトリカルにリアレンジしながらガルさんとは定番となった
「遊び心」を織り交ぜて見ました。
今回ガルさんには複雑に飛び交うボイス系を全般的にお願いしました。
いろいろな声色をお持ちで、どれが本当のガルさんなのでしょうか?ちょっと興味ありますねぇ。
原曲が脱力系な演出だったのですが、結局二人で大騒ぎの「すっぱまん祭り」になってます。
なんとなく懐かしくも可笑しい出来なんですが至って真面目に作っております。
是非最後まで聴いてみてください。

<2010.10.16>フルコーラス版の公開

<2010.06.16>初版(デモ版)の公開
ずーっと探していたんですケロボイス。何気にフリーVSTを探していたらKeroVee、名前からしてそうだろ~で早速使って見ました。
曲中の全てのボーカル、台詞が私一人の声から出来ています。

プロダクト説明

KeroVee
TAL-Vocoder

使用したプロダクト

ソフトシンセサイザー
Cakewalk D-PRO
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, Cakewalk Project5
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
フリーウェア
Freeware Synth1

garuworks

作品紹介・説明

自称、「BE A SUPERMAN」フリークのガルでござます。

骨組はマキシンさんがこしらえて下さってくださっておられたので、それぞれのコンセプトを持ち寄って最終系がこの形になりました。でっけえ音で聴いてくださっても耳にこないように作っているつもりですので、よろしかったらゼヒ大音量でお楽しみ下さい。「スッパマンをやろうやろう!!!」と言ってからだいぶ時間が経ってしまいました、マキシンさん、ご一緒できて光栄でした^^

ワールドハピネスのイメージを崩してしまい「ゴメン!」
(* ̄∇ ̄*)

プロダクト説明

◆ ガルさんボーカル隊:
ガルムジカ、ガル子、ガル乃進、ガルっち、ガルワクスさん(以上、順不同)

◆ ガレ4、ボーカルトラック切り刻み打法(その3)

◆ maXinさんボーカルfeature委員会

◆ 新三共胃腸薬、顆粒。

使用したプロダクト

ソフトシンセサイザー
IK MULTIMEDIA Sonik Synth
音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
オーディオインターフェース
M-AUDIO FireWire
マイク
SHURE SM
モニター
AKG K, SENNHEISER HD
コンピュータ
Apple Mac
シンセサイザー
KORG R3

25件のコメントが寄せられています。

05:25 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 264
  • お気に入り: 18
  • エレクトロ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "BE A SUPERMAN"
    YELLOW MAGIC ORCHESTRA
    (jasrac) 017-9083-8
  • "TECHNOPOLIS"
    YELLOW MAGIC ORCHESTRA
    (jasrac) 097-0266-1
  • "MUSIC PLANS"
    YELLOW MAGIC ORCHESTRA
    (jasrac) 097-4533-5
2010/11/20 21:13