届けよう春の色を

Kn(長期休暇中

作品紹介・説明

恋に破れた愛しい人をそっと見守る。。
心の葛藤を歌ったバラードです。
作詞家Sugaryさんとのコラボレーション作品です。

曲先で歌詞をお願いしました♪

(2004年公開)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
YAMAHA XGworks ST
レコーダー
ZOOM MRS-4
コンピュータ
Windows PC Windows PC
シーケンサー
YAMAHA QY

Sugary

作品紹介・説明

とにかく優しいメロディで、思い浮かんだのは“尽くす愛”や“見守る愛”。
自分の気持ちは伝えたい。けれどそれ以上に深く広い愛情で彼女が幸せになる事を願い、その手助けをしようとする男性の気持ちを書いてみました。
書きながら、想われている彼女が羨ましくさえ思えましたが…(^_^;)

でもいつかきっと、彼女は傍で見守ってくれていた“彼”の存在に気付き、その気持ちに答えられる日が来ると思います。

プロダクト説明

頭の中の引き出し♪

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

柔らかな木漏れ日の下で 
二人、静かに歩いていた
うしろ姿を眺めるのは
見失わないからさ

悲しみ色した横顔が
時々見え隠れするけど
気付かないフリしているのは
君がそう望むからさ

「空を羽ばたく鳥なら、風の行方を知ってるのに」
君は寂しげに呟いた…
羽を手に入れたなら今に飛び立ちそうで
何度この手を伸ばしかけただろう

“サラサラ” 散りゆく花のカケラが
想いと重なりこぼれていく
胸を締め付ける強がりが
どうか解けるように…

優しさ 跳ね返す背中が
いつの間にか震えていたね
空から降り出す雨にまぎれ
初めて涙見せた

「海で泳ぐ魚なら、いつ 泣いても分からないね」
君は儚げに囁いた…
精一杯の強さで、笑おうとしている
だから思わず抱きしめたくなる

“はらはら” 頬を流れる雫を
ひとつひとつ花びらに変えてく
その手助けができるように
届けよう春の色を…

いつか、安らかな寝顔見られるように見守るよ
君が心から微笑む それが僕の願う全てだから…

“はらはら” 頬を流れる雫を
ひとつひとつ花びらに変えてく
その手助けができるように
届けよう春の色を…

愛する君の為に…

愛する君のもとへ…

3件のコメントが寄せられています。

05:52 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 28
  • お気に入り: 2
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/06/23 21:17