『愛がすべて / スタイリスティックス』1975 ★疑惑のファルセット★ 〜MySound Vol.52〜

☆ぴぃ〜

作品紹介・説明

☆このサウンドは左脳・右脳で聴くヘッドフォン・リスニングに最適化しています☆
(スピーカで聴けないこともないんですが…空間上で左右がミックスされた音を聴くことになるので「ダブリングの失敗作」のようにしか聴こえないと思います…ぜひ、ヘッドフォンやインナーフォンで聴いてみてください)

 ↓↓↓☆MySound曲紹介文より☆↓↓↓

★GATSBYのCMソングじゃないですよ〜

☆Vocal Vol.52『愛がすべて / スタイリスティックス1975』☆
〜Can't Give You Anything(But My Love)/ The Stylistics〜
ディスコ・ブームに乗って一世を風靡した邦題「愛がすべて」は当時、街中のどんなお店に入ってもBGMで流れていた超ヒット曲…リアルタイム世代のボクにとって「ファルセット」といえば最初に浮かぶ、いろんな意味で思い出深い曲です

前作『Take You Back / ロッキーより』メロディをファルセットで歌った勢いで、今回はコーラスも全てファルセットで歌ってみました…(^。^)//

★曲タイトルにもなっているサビの「Can't Give You Anything...But My Love...」だけ聴いてしまったヒトは…もしかしたら、この曲はコラボで「相方の女性が歌ってるんじゃないか」と思ってしまうかも知れません…がぁ、 ゴメンナサイ…

『疑惑のファルセット』
その昔、カラオケ・ボックスが無かった時代…カラオケは人前で歌うモノでした…しかもバーやスナックなので、酔っぱらったオヤジがデュエット曲をひとりで 歌ったりします…そんなときは仕方がないので「ファルセット」で相方をして、盛り下がった場を盛り上げたりします…まぁ、その名残りがボクのファルセット なので、いわゆる男性VOCALのファルセットというより女性の実声(地声)をイメージしているので、歌舞伎の「女形」のVOCALバージョンだと思っ て、聴いてくださいな…

☆オリジナルは黒人男性の力強いファルセットですが、太めのファルは声帯に負担が掛かるので軽めに歌っています…というコトで、さらに「女形」に磨きが掛かっております…(笑)

更新メモ: t6Ga(Brush up)

※伴奏音は「YAMAHA音楽データショップ」MIDI データをダウンロードし「YAMAHA MidRadio Player」+「YAMAHA TONE GENERATOR MUシリーズ XG対応」を使用しています

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
コンピュータ
Apple Mac

4件のコメントが寄せられています。

03:20 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 86
  • お気に入り: 1
  • ディスコ
  • カバー作品
  • "CAN'T GIVE YOU ANYTHING / BUT MY LOVE /"
    THE STYLISTICS
    (jasrac) 0C0-9795-1
  • ヤマハ音楽データ使用
    "Can't Give You Anything (But My Love)/愛がすべて"
    The Stylistics
    (楽器演奏用 歌詞表示対応)
2010/07/07 08:32