魅惑のワルツ

らっぱ者

作品紹介・説明

映画「昼下がりの情事」で演奏された曲で、原題は「FASCINATOIN」ですが「ジプシーのワルツ」とも言います。
映画では、オルガ・ヴァレリーのジプシー・バンドが演奏して大ヒットしました。
曲との出会いは、フランク・チャックス・フィールド楽団でした。
歌ではナット・キング・コールをはじめ多くの歌手がカヴァーしています。どれも素敵なのですが、ダイナ・ショアが気に入っています。
トランペットとしては吹きやすい曲だと思うのですが、他の管楽器ではどうなのでしょうか。僕はニニ・ロッソしか知りません。

吹きやすいということもあって、思い切り息を出してしまったので、演奏が一本調子になった感があります。

トランペットの魅力とは、吹き手による音色の違いが明確に出るところだと思っているので、普段はコンデンサーマイクを使っています。
この録音では、スタジオ備え付けのヴォーカルマイクを使いました。カチッとした音に録れるのですが、実際に聞こえる音の周辺に存在する倍音が上手く拾えないので、誰が吹いても同じ様な音に聴こえてしまうようです。

使用したプロダクト

レコーダー
BOSS BR

02:30 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 49
  • お気に入り: 6
  • イージーリスニング
  • カバー作品
  • "FASCINATION"
    MARCHETTI FERMOSO
    (jasrac) 0F0-0630-2
2010/07/16 19:21