シューベルト 即興曲を歌に~「紡がれゆく螺旋」

黙然

作品紹介・説明

シューベルトの即興曲のメロディーに載せて、詞を書きました。
「望遠鏡」「小さな探検者」に続き、クラシックの器楽曲を歌ものにするシリーズの第3弾です。
真夜中のピアノ弾きさん、Rei-YUKIさん、悠家さんのお力添えで作品化が実現しました。

ボーカル・ミックス=悠家さん
ピアノ伴奏・編曲=真夜中のピアノ弾きさん
エレクトーン伴奏・編曲=Rei-YUKIさん
詞=黙然

*********************************
◆紡がれゆく螺旋
1.
古(いにしえ)の日 紡がれた螺旋
始まりの海に陽の光受けて

時を越えて受け継がれた記憶
紡ぎ紡がれて今に宿ってる

ビルの街に往く人波
道脇の草 空の鳥 風の中

皆、幾千億の営みの果て、ここに在る
命という名の下に

2.
止むことない小川のせせらぎ
時を止め見てたいつかの夕暮れ

めぐる季節 出会いと別れ
ときめいた日も 泣いた日も 夢の中

ただ命の灯を燃やし続ける
それだけでいい いつの日も 果てるまで

3.
もう、すべてを信じて身をゆだねて
今、瞳に映ったあるがままを受け止めてく

古の日 紡がれた螺旋
紡ぎ紡がれて 今に宿ってる
僕の体にも

プロダクト説明

ボールペンとメモ帳

真夜中のピアノ弾き

作品紹介・説明

クラシックによる歌ものシリーズも今回で3回目になります。
まずはいつものように黙然さんから私に打診があるのですが、今回はシューベルトの即興曲と聞いてびっくり!
遠い昔に確かに一度弾いた覚えはあるものの、これに日本語の歌詞をのせようとは普通思いませんものね。
でも黙然さんの歌詞を口ずさみながら、ピアノを弾いてみるとこれがとっても良い感じ!
これ、いけますよ!と思わず即座に返信してしまいました!

そしてついに完成版が到着。
素晴らしい作品に仕上がりましたね♪
伸びのある悠家さんのお声、絶妙なタイミングで絡んでくるYUKIさんのオケ、そしてこの悠久のテーマをシューベルトとマッチさせた黙然さんの発想には脱帽です^^

次はいったいどんな曲で攻めてくるのだろう?
このシリーズ、はっきり言って癖になりそうです(笑)。

使用したプロダクト

レコーダー
EDIROL R-1
エレクトリック・ピアノ
CASIO Privia

YUKI

作品紹介・説明

Rei-YUKIです^^

黙然さんから、再びクラシック曲のコラボのお話をいただき、
本当にありがたい思いです。

ただ、今回は、私にとってあまり馴染みのないシューベルトで、
曲も知らなかったのですが、
あらかじめ聴かせていただいていた悠家さんのボーカルと黙然さんの素敵な詞に
やりたい気持ちは押さえられませんでした(笑

黙然さんから原曲の音源をいただいて、聴かせていただいたのですが、
黙然さんの詞と、悠家さんの声と、Toshiさんのピアノで充分イメージが沸きました。 

お三方の素晴らしさを損なっていなければいいのですが^^;

黙然さん、悠家さん、Toshiさん、この度はありがとうございました!

使用したプロダクト

レコーダー
EDIROL R-09
オルガン
YAMAHA STAGEA

悠家

まだ作品情報が入力されていません

30件のコメントが寄せられています。

04:06 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 104
  • お気に入り: 34
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • コラボレーション
  • "即興曲・作品90第3番ト長調"
  • 作曲:SCHUBERT FRANZ
2010/08/03 01:24