J.S. バッハ / チェンバロ協奏曲第5番 BWV 1056 第2,3楽章

南條チロ

作品紹介・説明

J. S. バッハ チェンバロ協奏曲 (第5番) ヘ短調 BWV 1056 第2、3楽章です。

バッハのチェンバロのための協奏曲は、「のだめ」でピアノコンチェルトとして取り上げられたBWV1052やブランデンブルク協奏曲からの転用のリコーダーを含むBWV1057が有名で、複数(最大4台)のチェンバロのためのものもあります。

このBWV1056はヴァイオリンもしくはオーボエのための協奏曲が原曲と言われていて、また第2楽章はカンタータのシンフォニア「アリオーソ」から引用されています。
(ここMTでは、♪ふえ♪さんが素晴らしいフルートでUpされています)

2.mov. Largo ( 2' 51" )
3.mov. Presto ( 3' 34" )

この私の作品はバロックチューニングとして、譜面より半音低くなっています。
MIDI30トラック中、28トラックをパート録音しオーディオトラック化。D-Pro出力の2トラックとミックスしています。

当初、第3楽章のみ制作の予定で取りかかりましたが、お手本何回も聴くうち次第に第2楽章ラストとのつながりを無視できなくなって、第2楽章も加えました。
スローの曲は、テンポの揺れや、譜面通りからの発音タイミングのズレが難しいですね。

第3楽章の弦5部は今まで私のUpしたフルオケと同じ音源構成で制作したので、暑い夏中、厚苦しい(苦笑)弦になってしまったものを少しずつ削っていきましたが、まだまだチェンバロとの音のバランスが合わないです。
チェンバロは本来非力な音量なので、ちょっとありえないバランスになっていますがチェンバロ贔屓の私にはちょうどいいかも・・・(笑)
でも、いっそピアノコンチェルトにしたほうがいいような気もします(苦笑・・・Pfの打ち込みはチェンバロの3倍は難しそう~)

お手本のCDは定番といってもいいものなので、第2楽章で気付かれる方がいらっしゃれば嬉しいです。第3楽章は上記のようにずいぶん違った感じになりましたが、短いカデンツァは頑張って耳コピしました。

プロダクト説明

音源:Garritan Pocket Orchestra(SONAR付属)チェンバロ(メイン)、弦五部(サブ)PROTEUS/2 XR 弦五部(メイン) Hyper Canvas (TTS-1) チェンバロ(サブ)
リバーブ:SIR 1
MP3変換:BonkEnc v1.0.14

使用したプロダクト

ソフトシンセサイザー
EDIROL Hyper Canvas
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
オーディオインターフェース
EDIROL UA
モニター
audio-technica ATH
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN
PCM音源
E-MU Proteus

12件のコメントが寄せられています。

06:25 / 242.659kbps

共有する

  • 再生回数: 135
  • お気に入り: 16
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "CONCERTO A CEMBALO CONCERTATO NO 5 BWV 1056 /ORIG"
  • 作曲:BACH JOHANN SEBASTIAN
2010/09/13 01:23