コットン・フィールズ/ビーチボーイズ

ワンマンボーイ

作品紹介・説明

コットン・フィールズ/ビーチボーイズ

朝晩随分しのぎやすくなりましたねw
そうこうしていると秋の気配がもうそこまで・・・
秋といえば・・・
食欲の秋(^^ゞ・・・
いやいや芸術?そんな高尚ぢゃないっすね
そうです秋といえばビーチボーイズ!!
これに尽きます(こんないいかげんなビーチボーイズファンもめずらしい(爆))
いやでも今回の曲はカントリーソングで有名なコットンフィールズ
ハーヴェストの季節という意味ぢゃ無理矢理っぽいけど
ぴったりでしょう(爆)

このコットンフィールズ・・・
日本でもそこそこ有名な曲ですが
皆さんは誰バージョンをご存知でしょう!!
多分CCRあたりがここMTでは有名なのではないでしょうか・・・
あと今回YOUTUBEで調べてみたら
なんとキャンディーズも歌っているんですねw
お好きな方どうぞ・・・ちなみにワンマンボーイは水谷豊さんの奥さんが好きでした
(^^ゞ

http://www.youtube.com/watch?v=xAqr05tL4qM


ついでに原曲を聴いてみたかったのですが見つかりませんでした(泣)
調べてみると元々は黒人のレッドベリーって人が作ったブルーズだったようです
ね・・・
しかし可能な限りいろんなバージョンを聴いてみたのですが
ほとんどのバージョンがシャッフルビートですね・・・
きっとオリジナルがそうなのでしょうか・・・
ところが今回のビーチボーイズのバージョンはストレートな8ビートですw
CCR以外は聴いてなかったので自分にとっては
逆にこの8ビートがオリジナルに感じます!!
ってか最初に聴いたときからこのバージョンぞっこん惚れこみました(^^ゞ
とくに工夫を凝らしたビートって感じではありませんが
とにかくこのビートにやられました(爆)
いつかはこの曲をやりたい!やりたいって思っていましたw
がぁ~問題が・・・
まずイントロからラストまで終始バックで流れているペダルスチール・ギター・・・
これは打ち込みは不可能に近い・・・
あとその昔アニメ等で聴いたことがあるような
ビョンビョンって言う音!!これってどんな楽器で出すの?
これがネックで挑戦を渋っていました(泣)
しかしひょんなことからMM1さんが
この手のサウンドに詳しいことがわかりいろいろ教わりましたw
そうこうしているうちにペダルスチール・ギターサウンドはMM1さんがお持ちの
Bベンダーのギターであのサウンドが出せるとのこと・・・
こりゃ駄目元でお願いするしかないなってことで(^^ゞ
どうです!!すばらしいでしょう!!
このBベンダーの仕組みとかはMM1さんにたっぷりと語っていただきましょう!!
次にビョンビョンって音ですが・・・
これ皆さんもどこかで聴いたことのあるはずです(^^ゞ
ワンマンボーイよくよく考えると昔テレビアニメであった
ど根性ガエルのテーマ曲で聴いていたんですね・・・(^^ゞ
これですw

http://www.youtube.com/watch?v=vtNKGtAmm1g&feature=related


MM1さんによるとこの音はジョーハープという楽器で
口にくわえて口の形でトーンを変えるという楽器だそうです。
いわゆる人間レゾナンス  あるいは人間ワウワウって感じでしょうか(爆)
これらの情報はすべてMM1さんから教わりましたw
ちなみに達人の演奏はこれです(^^ゞ

http://www.youtube.com/watch?v=AbE5b6OSBxk&feature=related


ワンマンボーイ急いでこの楽器を注文して挑戦してみました・・・
これ実は演奏なめていました・・・無茶苦茶難しいです!!
まともな音がしません!
こりゃ~大変!
まっそこは現代のテクノロジーを駆使して(爆)
毎度毎度のように(^^ゞ何回も何回もトライして
かろうじてOKテイクの寄せ集めです!
改めて感じた当たり前の話ですが
演奏が簡単な楽器ってありませんw

ペダルスチール・ギターとジョーハープ・・・
この音があるだけでカントリーな世界へ導いてくれるので
ある意味この2つの音が出来上がった段階で
8割が完成したみたいなものでした(^^ゞ
あとはいつものようにコーラスをウザく・・・いやさわやかに聴こえるように(爆)
ミックスして完成です!
ですから今回の作品はMM1さん無くしては完成なし得ませんでしたw
短い期間にこんな素晴らしい音をだしていただき本当にありがとうございましたw

あっ!言い忘れてました!!
今回のビーチボーイズのバージョンですが
20/20というタイトルのアルバムに収録されていますが
これ・・・駄目です・・・めずらしく良くないです(爆)
というのもカントリー&フォークソング大好き人間のメンバーであるアルが
ブライアンにアレンジをお願いして挑戦したらしいのですが、
このころのブライアン絶不調(泣)
アレンジにいつもの切れがありません!!
そこでメインボーカリストのアルが一発奮起して
コーラス&サウンドを分厚くしてシングル発表しました!!
アメリカではほとんど注目されることはありませんでしたが
ヨーロッパではそこそこヒットしたようです!
今回のバージョンはそのシングルバージョンを
リメイク&リミックスしたさらにかっこいいバージョンがあったので
それをコピーいたしました!
やはりビーチボーイズ好きになればなるほど奥の細道(爆)
このバージョンを聴いたことのある方が何人おられるやら・・・(爆)
残念ながらYOUTUBEにはありませんでした(泣)
すごくいいテイクなのに残念です!!

プロダクト説明

アコギ
タンバリン
ジョーハープ

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MOTIF

MM1

作品紹介・説明

ワンマンボーイさんのビーチボーイズにBベンダーを抱えて参加させて
もらいましたぁ☆
CCRもいいけどビーチボーイズの「コットン・フィールズ」も大好きです!
シングル・バージョン(1970)は全英で5位になったようです。

ラフ・ミックスをもらった時からの完成度の高さにヘボなギターを弾いたら
雰囲気をブチ壊すって~少しプレッシャーを感じました☆
Bベンダー自体そんなに弾きこなしてる訳じゃないのと久し振りにケース
から出してきたんで~タイミングつかむのに随分と苦労しました。
あのイントロの数秒のフレーズも30回以上は録ってますねん(汗;

それにしても普通の人だったらジョーハープなんてスルーするところですが
チャンんと入手して使うワンマンボーイさんのこだわりには共感します☆
まっ彼は普通の人じゃないですけどネッ(笑) アハハ

Bベンダーのフレーズはネックを引き下げるチョーク・アップと引き下げた
状態から元に戻すチョーク・ダウンの複合ワザが多いんで結構頻繁に
ネックを上下にカックン、カックンと動かします。
長時間~弾いてるとストラップの当たる左肩が赤く(痛く)なってきます(~~;
録り始めて3日目にストラップのフロント側の穴が裂けてしまいました!

いつもながらの素晴らしいコーラス・ワークには溜め息が出ますネェェ☆
ホントに爽やかなカリフォルニア・サウンドです♪

でッ☆同じ曲でもカリフォルニアからググッと南の方へ下って行って
ミシシッピ川周辺のデルタ地帯へ行くとこう↓なりますねん(^^)v
http://musictrack.jp/musics/5955

【注釈】Bベンダー(Shoulder Strap 2nd String Bender)
バーズのクラレンス・ホワイトとジーン・パーソンズが考案したもので
ギターのネック側のストラップピンと2弦(B弦)とがボディ裏で連動
しておりストラップピンを持ち上げるために左手でネックを引き下げ
ると2弦が1音ベンドアップされるという機構(ユニット)で~
カントリーでおなじみのペダルスチール・ギターの効果を出すことが
できるんですネッ♪

(以下は興味のある人だけ読んでくらはい ^^)
2007年7月に中古楽器店で見つけたのは1997製のBベンダー(^^)v
これ↓とまったく同じの色違い(色: Candy Apple Red)です。
http://www.elderly.com/items/30U-8875.htm

今のナッシュビル仕様の3-Pickupモデルと違いノーマルの2-Pickup
のテレキャスターにBベンダー・ユニットが搭載されてるモデルです。
現在このタイプのBベンダーは生産されてなくてずっと探していて
やっとの思いでネットで見つけたものなんです☆
私の持ってるEギター(7本)の中で重量も価格もダントツですぅ(涙;

Bベンダーって文章や写真だけじゃよく理解できないですよネッ!
こんなん↓ですぅ☆
http://www.youtube.com/watch?v=qNWxl_tJ740&feature=player_embedded
日本では一般的じゃないですが本場カントリーでは定番なんですネ♪

故クラレンス・ホワイトが使用してたオリジナルBベンダーは現在のと
違って~ボディと同じ形をした箱にユニットを組込んでボディ本体の
裏側に貼り合わせてあります。
だからギター本体の幅は通常の倍近くになってるんです!

この貴重なオリジナルのBベンダーは現存していてカントリー歌手の
マーティー・スチュアート↓が現役で使ってるんですネ♪
https://www.youtube.com/watch?v=PQqxp5lbp8w
フロントのストラップピンの動きとギターの分厚さに注目です☆

最後になりましたがワンマンボーイさんには...
素晴らしい作品に参加させていただきまして感謝致します m(_ _)m
-----
(MM1)E.Guitar(B-Bender)

プロダクト説明

【E.Guitar】Fender US B-Bender Telecaster'97
【Effector】YAMAHA R100 /BOSS CS-3
【AMP】Fender JP SDR-15CE → SM57(Mic.)
【Digital Tuner】KORG DT-10
【Microphone】Shure SM57
【Headphone】Audio-Technica ATH-A55
【Monitor】YAMAHA NS-10M
【Mixer and USB Audio I/F】YAMAHA MW10C
【PC】DELL Vostro 220MT
【OS】Microsoft Windows XP
【DAW】Cakewalk GuitarTracks 2
【Wave Editor】Cool Edit Pro LE 1.2 /SoundEngine 2.945
【Other Tools】聞々ハヤえもん ver.2.74 安定版

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
EDIROL Guitar Tracks
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series
マイク
SHURE SM
モニター
YAMAHA NS, audio-technica ATH
コンピュータ
Windows PC Windows PC
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター
アンプ
Fender Fender Amp

39件のコメントが寄せられています。

03:28 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 381
  • お気に入り: 40
  • カントリー
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "COTTON FIELDS"
    CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
    (jasrac) 0C3-6812-2
2010/09/16 20:31