VoicePoem『「徒然の戯言」より』

soulbox

作品紹介・説明

この作品は、七里さんの知人で 石川道生さんのVoicePoem『「徒然の戯言」』の
BGMとして「ラフのテーマ」を使用させていただいた作品です。

朗読:山中真知子(gui同人)
詩:石川道生(gui同人)『徒然の戯言』より「きみの舌の使い方」「月のご機嫌」
音楽:SOULBOX「ラフのテーマ」
構成:七里

プロダクト説明

シンセ、ミキサー

5件のコメントが寄せられています。

歌詞

(現代詩/「gui」90号掲載)

「きみの舌の使い方」

僕はうしろを向いて舌をペロッと出す
焼肉で一番カロリーが高い部位はタンである
牛も、豚も
タンは旨い
僕は真正面でも口腔内で舌をアクションする
うしろでも正面でも舌を抜かれたくないから
そっと舌を、仕草をする
舌 ざわり
舌 からめて
舐める


吸い口             、


吸い口
きみの舌の使い方はどうなんだ
きみの舌の使い方さえ忘れてしまった


「月のご機嫌」

月は上弦と空にあって
星は曖昧に空にあって
彼らのいる場所にアクションペイントを試みる
月が反転すると、星は毅然とする
雲といえば闇を探し疲れている
リリックは、実にそこら中に転がっていて
泣かそう泣かそうと手ぐすねを引いて
そこら中に転がっている
モダニズムは
赤い月
を美しいと思うのか
不吉だと思うのか
吟遊は徘徊して浮遊して行き倒れる           
リアリズムの悲劇は、数多の少女の高みを砕き
ののじ ののじ のゆびのあと
ためらいは傷みとなって残り
言い訳のできない逃避行への曳航

5件のコメントが寄せられています。

03:04 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 39
  • お気に入り: 11
  • その他
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/11/17 14:49