人形へのセレナーデ(ドビュッシー作曲「子どもの領分」より)

TaDa

作品紹介・説明

 ドビュッシー作曲「子どもの領分」第3曲。2曲目の「象のこもり歌」より、これに続きます。2000年2月14日(月)~15日(火)に、出身大学の音楽祭である第24回萩音会音楽祭に出演した際、演奏したもの。宮城教育大学講堂。ピアノはYAMAHAのグランドピアノ。

 1999年は、当時、一般の客として通っていたジャズ喫茶(プロのジャズミュージシャンが数ヶ月に一度ライブを行う)のマスターから、「あんだもやれ(あなたもやりなさい)」と何かの機にそういう話になり(ジャズではなく、レパートリーはもちろんクラシックで、の話だが)、いきなりサロン形式ではあるが、リサイタルのプログラムを準備しなければならないことになった。この時点で、人生初、である。最初は、格の違う話に思えて、逃げ出したくなったのだが、知り合いのクラシックのプロの演奏家に「どうしましょう?」と泣き言をいったら(自分ひとりでは、どうにもこうにも演奏するという責任が重いので、できれば共演をしてほしい、という甘えの気持ちを隠し持ちつつ)、「そういうのはねえ、演り逃げするんだよ」というクールで力強く、「甘えんじゃねえ」の意味合いも適度にこもったことばに後押しされ、腹をくくった。フランスもので、そう、もしくは、オールドビュッシーでプログラムを組んでみるか、と決意する。 

この第3曲目の「人形へのセレナーデ」より、第4曲「雪が踊っている」に続きます。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

02:42 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 50
  • お気に入り: 2
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • ライブ音源
  • "CHILDREN S CORNER /ORIGINAL/"
  • 作曲:DEBUSSY CLAUDE ACHILLE (NON PROTECTED SHARES)
2010/11/18 22:21