故郷

長津久和

作品紹介・説明

北海道栗山町の歌。
歌は大阪府在住のYOKOさん。

プロダクト説明

なし

歌詞

春だ 春だと 雪がとけて
わずかな土に 春をつげ
春だ 春だ 声を出し
野に咲く花ばな 摘みながら
花輪を作って お姫さま きれいねと
我が身を ほめながら
走りながらも ほほ赤く
我にかえり 夕焼けを
見ながら帰る たんぼ道

夏だ 夏だと 夕張川
えび捕り うおを 釣りながら
水の流れ 竿をたれ
それでも子供は 負けないで
真夏の太陽 あびながら 水あそび
遠くに 見える山
雪の衣を ぬぎ捨てて
夏の空に そびえたつ
夕張岳の 美しさ

秋だ 秋だと 空も秋だ
山ブドウにも 色がつき
桜の葉も 赤くなり
栗の木 いがぐり 実をつけて 
ドングリ拾って 蝦夷(えぞ)リスも 飛びはねり
落葉(いちば)の ジュータンを
足音軽く 帰る道
夕焼け空 写る影
御大師山の 美しさ


冬は しんしん 雪が積り
真綿の雪に しっぽりと
朝になれば 戸があかず
それでも学校 行きまする
二階の窓から スキーはき スイスイと
出発 栗小(くりしょう)へ
白い息はき ほほ赤く
手は冷たく 半泣きに
着いた着いたと 涙顔

04:18 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 43
  • お気に入り: 0
  • 童謡・唱歌
  • オリジナル作品
2010/12/04 01:16