言葉を与えられた僕ら(The Heart of Words) SORA&YS

SORA

作品紹介・説明

久々の書き下ろしです。
「言葉」をテーマにしてみました。リズムはカントリーワルツ調です。
ある程度できたときに、YS兄いに送り、監修とコーラスアレンジを依頼。YSさん「デュエットしようか?」
おお願ってもないこと。で、ボーカルアレンジまでして頂き、あれやこれや意見を貰いました。
まったく考えないことを指摘して貰うのでかなり原型よりよくなりましたね。
例えば間奏のギターソロも元々は打ち込みの「フィドル」の音でしたが「弾け!」とのお達しでいい感じになりました。

他の方のコーラスで歌ったのは初めてかな。新鮮でした。
最後の掛け合いフェイクも楽しかったです。

何年かぶりwにハープを使用。唇と舌が痛くなりました(爆)

おかげさまで自信作となりました。ありがとうYSさん!。

詞:曲:歌:Cho: SORA
編曲:SORA
ボーカル&コーラスアレンジ:歌:Cho: Hack Luck YS

では、聴いてください。どぞ。

12/5 20:10 速攻ですみません。ボーカル変更とMIXやり直ししました。

プロダクト説明

ハープ M.HOHNER BLUES HARP 「A」

フリーソフト Domino

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk MUSIC CREATOR
オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンパクトエフェクター
TONEWORKS Pandora
マイク
SHURE SM
コンピュータ
Windows PC Windows PC
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター
アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA

ハックラックYS

作品紹介・説明

YS「カバーばかりじゃなくて、オリジナルもね!」と常々SORAちゃんに言っていた言葉。
SR「兄ぃてえへんだぁ~!なんと久々の新曲ができちまったぁ。どんなもんですぅ?」
うぉー、早速聴いてみると草原が見え始めた。「こりゃあアメリカだな(行ったことないけど)!」
初期のEaglesのようなカントリーフレイバーたっぷりの曲でした。
「んっ?しかしなんか違和感が。一番盛り上がるところでメロが下がっているぅ~。早速SORAちゃんに進言しないと!」
これがこの曲の共同作業の始まり。ここまできたら「一緒に歌うかいっ?」と。
SORAちゃんの声と合わせるとどんな感じになるかも興味がありました。人の曲をあれこれ言うのも結構楽しい(笑)!
そしてやり取りしていく作業がまたまた楽しい。そしてやっているとまたまた注文が出てくる。
YS「ギターソロ弾け!そこは絶対打ち込みじゃだめだ。人間の躍動感がないと!」
SR「がってんでぇ~。ギターかハープでやってみや~す!」
YS「このトウヘンボクぅ!そこはテレキャスだぁ!」
そして二人の声が合わさって、この曲が何かを僕らに与えてくれたようです。
最後のボーカルの掛け合い、ライブでやっているみたいに気持ちいい~!
ありがとう、みんなの友達:SORAちゃん!

プロダクト説明

ZoomR16

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
SHURE SM

54件のコメントが寄せられています。

歌詞

言葉を与えられた僕ら

詞:SORA

例えばそれは 何気なく
道に捨てられた吸殻
“当然のように” 心無く
塗り重ねていく黒い色に

振り返ればいつしか
通り過ぎて来た人たち
傷ついて 傷つけてきた

人は誰でもひとつの言葉で
怒りや憎しみが生まれる
それは時に愛さえ超えて
大切な人を失くす 
Heartless words

例えばそれははるか遠い
幼い日に見た青空
何にも恥じない澄んだ瞳
そこに映った青い空

ふと気づけばあなたは
そばにいるのさ いつだって
あの頃の青空のように

人は誰でもひとりぼっちで
生きていけるはずなどないから
些細な言葉さえ愛を持って
大切な人に伝える
The heart of words


どんな国でも 何を信じていても
変わらないのさ 心があれば
だけど祈る言葉は争う言葉にかき消されていく
Sad words play every day

人は誰でもひとりぼっちで
生きていけるはずなどないから
些細な言葉さえ愛を持って
大切な人に伝えていけるのなら

ピストルでもない 剣(つるぎ)でもない
言葉を与えられた僕らは
明日をみつめ 希望を捨てず
大切な人に伝えよう
The heart of words

54件のコメントが寄せられています。

05:49 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 180
  • お気に入り: 27
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2010/12/05 20:10